養育費遅延による通知書を受け取ったら

養育費遅延による通知書を受け取ったら

養育費遅延による通知書を受け取ったら

この通知書では正式ライセンスの発行や更新の不可による臨時ライセンスの発行申請方法を助言することになっていて、ローカル・エージェンシーの住所と電話番号を提供して申請者に、新規発行や更新をするために本人が遂行する前提条件に関する案内を与えることになっています。

 

一般的に申請者は150日の有効期間の臨時ライセンスを発行されることになるが、ある種の正当な理由があるならばエージェンシーの要請や裁判所の命令で臨時運転免許証を(常用運転免許証は除外される) 150日間追加で延長できます。

 

 

養育費延滞を申請した配偶者はエージェンシーに免許停止異議を提起して内部検討を要請できます。現在の扶養費金額修正が避けられない場合や、支払い日程などを修正しようと思うならばそういう支援を補助してもらうことも出来ます。

 

このような支援を受けるために地元の子供養育費サービス・エージェンシーに適時に書面で要請することが重要です。時間制限はないが一般的に150日の臨時ライセンス期間が満了する前にエージェンシーが検討および司法審査過程を全部完了することができるように十分な時間を設けて行動することが必要です。

 

エージェンシーは受付から30日以内に申請者の問題を解決するべきで、万一、エージェンシーから内部検討の公開を拒否されるならば直ちに裁判所にRequest for Orderを提出してエージェンシーの決定に裁判所審査を受けられるようにします。