北朝鮮の第4次核実験の動き

北朝鮮の第4次核実験の動き

北朝鮮の第4次核実験の動き

衛星写真が捉えた映像によると、北朝鮮が4次核実験を準備をしている疑いが浮上している。アメリカの北朝鮮専門ウェブサイト「38NORTH」は去る23日(現地時間)商業衛星が北朝鮮、咸鏡北道(ハムギョンブクド)、豊渓里(プンゲリ)で核実験場を撮影した写真に基づいて“新しい衛星写真は豊渓里(プンゲリ)の核実験場でおそらく核実験の準備と関連した追加的な活動が見て取れる”と24日明らかにした。

 

 

38NORTHは“南側坑道区域トンネル二ヶ所の入口と推定される所の付近で、車両と資材の移動が増加した”と明らかにした。38NORTHは“昨年2月核実験前にも爆発2〜3日前に準備作業が頻繁になった”としつつも“北朝鮮が今年も同じ時刻表に従うのかは不明だ”と付け加えた。

 

また、38NORTHは“実験場と違った施設間で、セキュリティー通信を準備するための指揮・統制車両と推定される車両が駐車されている”と話した。 2013年2月3次核実験以前にも似た車両が同じ区域で捉えられたと、この団体は明らかにした。