米国の養育費に関する厳しい法律

米国の養育費に関する厳しい法律

米国の養育費に関する厳しい法律

子供養育費延滞は非常に手間な結果を招くようになります。
子供養育費支給を30日以上延滞している場合に運転免許証新規発行や更新だけでなくすべての専門職ライセンスの更新や発行が不可能になるためです。

法が定めたライセンス関連処罰手続きは子供の養育費に関するサービス・エージェンシーが子供養育費と関連したすべての延滞に関して養育費を受領する両親を支援するだけでなく配偶者扶養費延滞場合にも同じ方法で処罰手続きを行ったりもします。

 

エージェンシーは延滞が4ヶ月以上へ渡れば免許を停止させることができる権限があります。エージェンシーから免許停止通知を受ける日から150日以後に免許が停止になるので、150日以内にエージェンシーが延滞者名簿で名前が削除された資料をDMVやその他ライセンス ボードに提供できないならば無期限で免許が停止になります。

 

 

免許停止手続きは子供養育費や家族養育費(family support)を30日以上延滞している債務者名簿を管理して維持するローカル子供養育費サービス・エージェンシーによって開始されます。エージェンシーは認証された延滞者名簿と資料を州政府子供養育費サービス国(DCSS:Department of Child Support Service)に毎月提出しています。

 

DCSSは名簿を受ければ30日以内にDMVやその他ライセンスボードに写本を提供することになっています。DMVやその他ライセンス ボードは新規発行や更新申請審査過程で申請者が認証された延滞者名簿にあるのかまず確認するので、延滞者で確認される場合に申請者に免許の発行や更新を保留するという通知書を優先的に送ります。